何を書いても構いませんので@生活板107
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1622468797
※本スレに書き込む場合は>1をよく読み、ルールを守って書き込みをするようにお願い致します。

何を書いても構いませんので
784:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)05:12:29 ID:1g.nv.L1
昔2ちゃんの少女漫画板で
罰ゲームに使うから少女漫画の恥ずかしいタイトル教えてほしい
みたいなスレが立ってた事があって
(一番恥ずかしいタイトルを書店で店員に聞くとかそういうゲームらしい)
色々出てたけどその中でも今も強烈に覚えてるのが
サインコサインラブサイン
彼までラブキロメートル
↑テニスの0=ラブと引っ掛けてて実際は両思いだったみたいなタイトル
結局採用されたのはサインコサインの方だったけど
(後日罰ゲームの報告された)
ようもまあこんな凄いタイトル思いつくなってのが結構あった


ああいうの編集者がつける場合が多いと聞いたけどこの二つは編集なのか
作者なのか
昔韓国か台湾でドラマ化もされたロマンス五段活用って少女漫画の
単行本読んでたら柱で作者がこの漫画は本当はロマンがてんこ盛り
って名前にするつもりだったけど編集に相談したら絶句されて
今の名前に編集が変えた書かれてて
当時自分は子供だったけどそらそんなださいタイトル変えられるわって思った
ラノベも作者がつけたタイトルより編集が付けた奴の方が
キャッチーでわかりやすいの多いけどこういうののセンスって
漫画描く才能とは別なのかな

785:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)07:09:26 ID:6i.hc.L7
>>784
ストーリーと一緒に作品を表すタイトルも考えるんだろうけど
端的に内容を表現したり読者に興味を持たせるの才能は別なのかもね
ただ、誰が決めるにせよタイトルで損してる作品もあるだろうなあ
個人的にはタイトルのフォントデザインとかは誰が決めたり作ってるのか気になる

786:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)07:11:54 ID:pn.4q.L1
>>784
タイトルを考える力はキャッチコピーを考える力みたいなもので漫画を描く力とは別だと思う
東京タラレバ娘の作者が自身の漫画家デビューまでを描いたひまわりって作品があるんだけど、読切のタイトルを「素直になりたくて」だかにしてダサい!って他の人物に突っ込ませてたな
タイトルはインパクト重視!そんなつまんないタイトルの作品誰も読まねーよ!とかで結局OL仲間の出した「ダークチェリーのチョコタルト」とかいうタイトルに変更されてた
「ダークチェリーのチョコタルト」にも賛否あるだろうけど、なるほどなぁと思いながら読んだよ

787:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)08:16:08 ID:1g.w7.L1
世界の中心で愛を叫ぶって小説も
作者は恋するソクラテスって名前にするつもりだったけど
担当編集が上の名前に変えたってエピソードあったな
あずまんが大王も作者はお散歩日和とかなんとかそんな名前にしようとしたけど
友達の漫画家がそんな名前で売れるわけねーだろ!って言われて
その友達がつけたあずまんが大王で連載したらヒットしたって話もあったわ
これ一話目にゆかり先生がタヒんだ目で嫌な名前だな…って呟いてて何言ってんだこいつと思ったけど
後に上記エピソード聞いて成る程と思った
作者的にはあの名前若干不満があったのかな

788:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)09:21:18 ID:GQ.s5.L19
海月姫や東京タラレバ娘の東村アキコさんも、タイトルは父親がつけるって言ってたな
「これにしようと思うんだよね」って相談すると「こっちの方がいい」って考えてくれるらしい

792:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)12:32:23 ID:1H.qo.L1
>>784
有名どころでは「九つの星」→「ヒカルの碁」の変更
どっちのタイトルでもヒットしたと思うけどセンスって何だろう…と考えさせられるわ

789:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)09:52:49 ID:e9.2a.L1
>>784
ラノベというかいわゆる「なろう系小説」だと、読者層がタイトルで展開を求めてるから逆の展開もあるらしい
つまり「作者のつけた普通の簡潔タイトル」→「編集や出版社がつけた長文クソダサタイトル」ってやつ
「なろう 書籍化 タイトル変更」で出てくるけど、あれは私が作者だったらキレると思った

793:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)12:39:41 ID:su.mp.L1
>>789
ああいう説明的に中に含まれる要素を羅列しないと誰も手に取らないって本当なんかな
あのクソダサ系タイトルで面白いかどうか判断しろって言われても自分は余計に混乱するだけなんだが
食品についてるアレルギー物質の表記みたいなもんだろうかと個人的には思ってるけどね

794:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)12:43:28 ID:HT.nv.L1
洋画の邦訳を思い出した
オシャレなタイトルだと思ったら元は全然違ったり(「俺たちに明日は無い」とか)
逆にクソダサになったりもする

795:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)12:55:57 ID:3V.hc.L1
>>793
少なくともなろう系とくくられる創作を積極的に読みに行く人たちにしてみれば
「『ボロネーゼ』じゃわからん!『ひき肉と野菜のみじん切りを炒めてからトマトをブチ込んで煮込みましたが何か?』と書け!」
ってなもんなんだろうねw

796:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)12:59:04 ID:Qs.s5.L1
判りやすい

797:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)12:59:09 ID:H0.jv.L1
>>795
ツボったwww

798:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)13:00:46 ID:H0.jv.L1
なろう系は「ノルウェイの森」を読んだら
「北欧系ファンタジーじゃなかった!!」って怒るのかな

799:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)13:17:25 ID:38.ir.L1
>>798
ムーミン的なのが北欧の森でキノコ狩りをしてる絵を想像してたけど、全然違ったわ。

800:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)13:20:08 ID:RT.2a.L1
なろう系ではないけど流行りで同じようなタイトルばかりになるのはイヤ
「〇〇さんはXX」
「XXな〇〇さん」
後追いの↑みたいなタイトルのやつはもう避けるようになった

801:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)13:25:04 ID:H0.jv.L1
>>799
「ムーミン的なのが北欧の森でキノコ狩りをしてる話」を
あの作家があの文章で書くの

ダメだわ呼吸が苦しいwww

811:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)14:40:09 ID:HJ.2a.L1
>>801
「キノコは見た目で食べられるかわかる、」15歳の時、ぼくが親しくていた年上の旅人が言った。「毒々しい色味がぼくたちを拒むようにね。」

「そういうものなの。」そう答えるとぼくは、サインコサインラブサインの「彼までラブキロメートル」を数小節分、鼻歌で歌った。
彼が異世界に転生して勇者になったけれどスローライフを希望した結果呪いでチート幼女にされてしまったのでせっかくだから悪役令嬢になってヒロインも王子様も虜にするために王都まで旅に出た話を始めたからだ。

やれやれ、そう心の中で呟いて、ぼくはキノコの中からオオワライタケを選んで採取する。今年もまたキノコの季節だ。ぼくにとっても、もう何度目かもわからない季節だが、今年のオオワライタケも皆、いつもと同じナラタケ似で、いつもと同じく食べられそうな色を浮かべている。

そして、きみは食中毒となった。そうでないものもいる。それもいつものことだ。

815:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)15:07:03 ID:H0.jv.L1
>>811
「flott!」声はシーリングファンが軋みながら廻るあたりから降ってきた
ただそれは僕の錯覚で店の片隅にのテーブル席に老人がひとり、適当なウォッカと同じ年数を
そこに過ごしたくらいの薄い色合いで椅子に深く腰掛けこちらを見ていた
「フロット、素晴らしいという意味よ」僕の隣で目覚めた猫の声で彼女は言った
「1979年なのよ。私たちの意識がここを深い森の中だと思うなら、いつでも」

ようやく老人の意図を理解した僕には彼の無表情は好ましく思えた
一体ぜんたいどれだけの作家がこの大いなる意志によって区切られた古めかしいショット・バーに生息しているのかわからない
僕にも彼女にも
811はそうであるべき流れをシーリングファンに遮られるかすかな風のような存在なのだ

816:名無しさん@おーぷん 21/06/17(木)15:08:20 ID:H0.jv.L1
ごじだしのう orz
店の片隅ニノって誰よ