スレを立てるまでに至らない愚痴・悩み・相談part133
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1609376102
※本スレに書き込む場合は>1をよく読み、ルールを守って書き込みをするようにお願い致します。

愚痴
148:名無しさん@おーぷん 21/01/07(木)10:22:19 ID:fw.mw.L1
新年早々愚痴の吐き出しにお付き合いください。
書きなれてないので読みにくかったらごめんなさい。

当方20代女。
小さな会社の管理職(主に勤怠管理担当)をしてます。
今頭を抱えているのは、四年くらい前に入社してきた夜勤バイトのAさん(50代男性)について。
Aさんは昼間は広告代理店で営業をしていて、それが終わった後18時から23時まで週3回バイトに来てもらっている。
彼は最初、クソがつくくらい真面目で責任感の塊のような人だった。
あまりにも真面目過ぎるので、Aさんはアルバイトなんですからもう少し肩の力を抜いてもいいんですよって言った事もあるが、「仕事を任されてる以上雇用形態や立場は関係ないでしょう。会社の為に精一杯頑張ります」と真面目で堅い姿勢はブレず。
でもそんな真面目さに、会社も私も何度も救われてきた。


ところがAさんが入社してから一年後、Aさん再婚。
(Aさんはバツイチで一人暮らしをしていた)
新しい奥様の家で同居を始めた途端、Aさんがはっちゃけて仕事を疎かに?し始めた。
いくつか例を挙げると以下の感じ。

私「Aさん、来週の水曜日なんですが少し早く来てもらう事は可能ですか?」
Aさん「水曜?オッケオッケー!可愛いマイちゃん(私の仮名)の頼みだもん☆昼の仕事なんてとっとと切り上げてすっ飛んで来るよー!じゃー17時から入るからよろしくねん☆」
私「…お、お願いしますね…」
で、当日、Aさんから入電。
A「ごっめーん☆やっぱ今日無理だわー。いつもどうりの18時からでおねがーい」

言葉遣いはフェイクなしで書いている。
今まで真面目で堅物だった中年男性がいきなり今どき女子高生(しかもかなりテキトーでうざい感じの)に変貌してしまったのだ。
また他の日は…

Aさん「ごっめーん。いきなりで悪いんだけど今日休ませて!」
私「え!当欠は困ります!代わりも見つからないですし…」
A「うんうん!そうだよねー。分かる!分かるよー!でも、今日は娘(奥様の連れ子)が孫連れて買い物行きたいって。だから車出してーって言うんだよ。いやー孫がね、じーじじーじってもう俺にベッタリでさー。俺が抱
いててやらないと泣くんだよなー。だから今日はごめんちゃい☆孫の為に早く帰ります!」

書いててイライラしてきたけど、もうちょっと続きます。

154:名無しさん@おーぷん 21/01/07(木)10:56:46 ID:fw.mw.L1
148続きです。

こんな感じで暇さえあれば家族の自慢だったり孫ちゃん可愛い!娘ちゃん可愛い!息子くんサイコー!とはしゃいでいるAさんを見て、最初のうちは(再婚出来てよっぽど嬉しいんだなぁ…)と思いある程度のワガママは我慢して聞いていた。
が、きっとこれが良くなかったんだ。
Aさんのワガママは更にひどくなっていき…

「今日は飼い犬を散歩に連れてかなきゃだから休むわー」
「息子くんが会社で飲み会があるみたいで、送迎頼まれたから早く帰らせて!」
「孫がじーじと焼き肉したいって言うから明日は出れません!」
などなど、Aさんには大変申し訳ないが物凄くくだらない用事でボコボコ仕事に穴を開けるようになっていった。
一応、上司にも相談したが上司も頭を抱えていて、
「Aさんも再婚したばかりで浮かれてるだけだと思うんだ…もう少し様子を見てみようか…」と言うだけ。
なので私も色々な感情をグッと抑えて冷静に対応するようにしていたある日。

Aさん「ごっめーん。明日ね、息子嫁がK-POPアイドルのライブに行くって言っててさ。息子嫁とその友達を送迎して、あと物販ていうのにも並んどいてって言われたから仕事出れないわー」
時期はちょうどクリスマス後の12月27日。
1年で一番忙しい超繁忙期の真っ只中。
これにはさすがに頭に来て…
私「Aさん、申し訳ないんですが今が繁忙期だって分かってますよね?仕事に対してあまりにも責任感がなさすぎないですか?K-POPライブと仕事、どちらを優先すべきか少し考えてください」
Aさん「マイちゃん…マイちゃんの事だってもちろん大事だよ!マイちゃんからのお願いだったら何でも聞いてあげたいよ?だけどね、同じくらいに息子嫁ちゃんも大事なんだよ!息子嫁ちゃんは笑うと八重歯がチラッて見
えて可愛いんだぁ~☆…今回はさ、俺が行かないと息子嫁ちゃんもその友達も足がなくて困っちゃうだろ?それで嫁ちゃんと友達が険悪になっても嫌じゃん。だからここはじーじが一肌脱がないとね?マイちゃんにはちゃん
と今度埋め合わせするからぁ!ね?お願い☆」
私「(ブッチーん)」

完全にキレた。
キレたと言っても怒鳴るとか怒るとかそういうんじゃない。
強烈な嫌悪感っていうのかな?
声聞くだけで気持ちが悪くなって、めまいがしてくるような感覚に襲われた。(分かりにくくてすみません)
イライラなんか通り越して、逆にスーって冷めた感じ。
その日はそれ以上話をしたくなかったからそのまま休ませた。
で、Aさんの代わりに私が現場に入って穴を埋めた。
それ以来Aさんにはなるべく仕事を頼まないようにして
距離を置くようにした。
シフトも週3から週2に減らした。
これが今から2年前の事。

そして昨年末。
Aさんから珍しく電話が来た。
曰く
「カードローンが嵩み破産寸前なので時給を上げてシフトも増やしてください」
「他のバイトのシフトを削ってでも自分を出してくれ。今のままだと俺は全てを失ってしまうんだ!」
と半狂乱。
どうやら家族の皆さんから「頼れる大黒柱!」と散々持ち上げられておねだりされて散財。
婚前貯金も使い果たし資産も何もかも全て奥様の思うがままに処分されて、気が付いたら一文なしの借金まみれになっていたそうな。
それを今更こっちに相談されても知るかよ。
もうすぐ60なのに後20年はローンが残るんだって言われても、だから何だよとしか思わない。
なのに、Aさん、上司にまで直談判で相談したらしく、来週上司、Aさん、私の3人で今後の勤怠について話し合いが持たれる予定。
憂鬱過ぎてストレスで禿そうだ。