その神経がわからん!その62
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1605587269
※本スレに書き込む場合は>1をよく読み、ルールを守って書き込みをするようにお願い致します。

その神経が分からん!
254:名無しさん@おーぷん 20/12/02(水)22:09:33 ID:Ny.3o.L1
数年前、夫が深夜に頭の血管を詰まらせました。
嘔吐、脱糞などあたりは惨憺たるありさまでした。臭いがすごかったのを覚えています。
吐瀉物を喉につまらせないよう横向きにしてすぐさま救急車を呼びましたが、到着する頃に意識を取り戻した夫は救急車の乗車を拒否。
呂律が回ってないのに大丈夫だと言うのです。
救急隊員の方たちも無理に乗せられないと言い、私は気が遠くなりました。
その後夫の意識が再びなくなったので頼み込んで乗せてもらい、ギリギリのところで夫は命を繋ぎました。
右半身に麻痺が出たものの、夫は節制をはじめみるみる体重を減らし、別人のようになりました。


しかしこのコロナ禍で夫の悪い虫が騒ぎ出したのです。
ジムが休館となり、自粛ムードに出歩くのも憚られる状態。たちまち運動不足になりました。
やることがないのでストレスから食欲が爆発して、夫の暴食が再開しました。
あっという間に太っていく夫に私はなにもできませんでした。
言い訳ですが、いくら気をつかった食事を出そうが仕事中や帰宅途中に暴食されては打つ手がありませんから。
そしていつかのように夫を脳梗塞が襲いました。くしくもあの時のように就寝中のことでした。
でも、私は冷静でした。
二度目だから処置に慣れていたとかそんなんではありません。
前回の時、医師からかけられた言葉を覚えていたからです。医師曰く、あと30分遅かったら夫は命を落としていたそうです。
だから待ちました。
30分以上すぎてからようやく私は動き出しました。すでに呼吸が細くなっている夫の名を呼び、119に電話をかけ、献身的に手当てをしました。
結果的に夫は亡くなりましたが、後悔はしていません。
結婚してからずっと夫の不摂生ぶりには悩んできました。
野菜を取らず、好き嫌いが激しく、味の好みがうるさくてストレスでした。
大の病院嫌いで、歯医者にも行かないので夫の歯が抜け落ちたことも知っています。
前回の時以降生活習慣を改善してくれたので抑えていましたが、夫の不摂生が復活したので我慢ができなくなったのです。
好きで病気になったのだから、好きに逝かせてやりました。
人として最低な行いをしたのは認めます。
だからこれは私の神経がわからない話です。

255:名無しさん@おーぷん 20/12/02(水)22:25:36 ID:5Q.5x.L1
>>254
周りがいくら気を付けても病人本人がその気ではなければ治療は難しいものだよ
一度きりの人生だから好きな物を食べて亡くなったなら本人も納得しているんじゃないかな
倒れてすぐに救急車呼んだら助かったかもしれないし、それでも間に合わなかったかもしれない
それは誰にもわからない
寿命だったんだよ

257:名無しさん@おーぷん 20/12/03(木)01:01:14 ID:pH.8w.L1
>>254
私は前の旦那がアル中酒乱だったから、辛さやむなしさが理解できるわ
似たような状況になっていたら私も同じ行動を取っていたと思う
自分が開放されたいのはもちろん、本人も長年病に伏せるより楽になった方がいいんじゃ、と思ってしまう
辛い記憶は楽しい記憶で上書きしていって、新しい生活を前向きに送ってね

262:名無しさん@おーぷん 20/12/03(木)07:34:51 ID:TF.or.L12
>>254
食生活に気を配れば持病の悪化/進行を止められる病気を抱えた本人が自分からその管理をするのが前提で家族はそのサポートが出来る程度に過ぎないです。
それなのに本人が自己管理することを放棄したのだから仕方ないこと。
あなたに見えないところで好き放題していたのだから尚更。

共倒れしなかったのは本当に良かったです。

264:名無しさん@おーぷん 20/12/03(木)09:19:55 ID:Q8.or.L7
>>254
極端な話だけど、好きな物沢山食べられて好きなように生きてポックリ逝けるって最高だと思う